アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

若い人は「物を知らない」が、年長者は「物を知れなくなる」

アラフォー童貞のODです。

 

年長者が若い人たちの振る舞いを見たとき、「最近の若い者は・・・」と呆れたり、「俺が若い頃はだな~」と説教したりすることがあります。聞いた話だと「最近の若い者は・・・」というのは、平安時代にはすでにあったそうです。

 

アラフォーになってみて自分もそのような台詞を吐く頻度が増えると考えておりましたが、意外にそんなことはありません。それは自分がまだまだ若いと思っているという話ではなく、自分よりも若い人たちのほうが節度やわきまえて見えるからです。もちろん、色々と目を覆いたくなることはありますが、それは周囲が教えたり自身が学んでいくことで成長していくと期待しております。

 

別に若者のご機嫌をとろうとしているわけではありません。若い人たちは「物を知らない」というのがデフォルトであり、色々と覚えていかないと恥をかくだけでは済まない、人生を生き抜くための術を身に付けなくてはいけません。そこには仕事を通じて怒られたり、近所のゴミ出しを注意されたり、他者との会話でうっかり発言をして孤立したりして、世の中の良し悪しを学んでいきます。「物を知らない」からこそ恐れずに挑戦することもできるのでしょうが、それでも「物を知らない」ということが人生において支障になることは確実にあります。

 

では、歳を重ねた人たち、年長者たちのほうが物を知っているのでしょうか? それはイエスであり、ノーであります。

 

確かに人生の荒波を乗り越えてきた人たちには貫禄があります。言い知れぬ迫力もありますし、実はだらしない人でも、何も知らなない年長者から威圧されれば若い人は委縮してしまいやすいものです。「長生きしているだけ」と馬鹿にされることもあるでしょうが、長年生きてきたということ自体がステータスになっていることは確かです。それは長く生きている分、人生を生き延びるための術や危険事態からの逃げ方を、良くも悪くも知っているということなのです。それは物を知っていると言って良いでしょう。

 

しかし、世の中はどんどん変化します。それまでは通用してきた生き方だけでは太刀打ちできなくなりますし、情報化社会と言われている現代においては知らないことがどんどん増えていきます。また、社会構造そのものが変化すると、それに合わせた生き方を学んでいくことも必要です。そこに必要なことは柔軟性です。

 

・・・そんなことは分かっているでしょうが、そうはいかないものです。年を重ねると頑固になります。いえ、あまり断定的に言ってしまうと何ですので「年を重ねると頑固になりやすくなります」と言い直しましょう。それでも、脳が新しい情報を吸収したり、物事を理解したり、そして受け入れる力が弱まっていくのは確かです。人間の肉体が衰えていくと言う意味では仕方ないのです。その結果として、新しい物事を覚えていくなることから、年長者もまた「物を知らない」ということになります。

 

まるで言葉遊びのようですが、つまるところ、若い人も年長者も、視点を変えればどちらも「物を知らない」ということになるのです。それでも、直接的にも間接的にも双方から教えてもらい、教えてあげることで世の中は成立しているのかもしれません。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。