アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「髪がそんなに伸びてないのに、床屋(美容院)へ行ってもいいの?」と心配になったら

アラフォー童貞のODです。

 

3年程前から「非モテから脱却しよう」「普通の男子がしている習慣をやろう」という意気込みから、身なりや対人関係を見直しました。

このような考えに至ったのは久しぶりに湧き上がった恋愛感情であり、そして自分自身を振り返ったときに、特に女性との会話が不得意であること、毎日のように1日2回以上の自慰行為にふけっていた自分を直視するところを受け止めました。

そして、頻繁な自慰行為から「もしかして、自分って臭いのでは・・・」というところをまず気にし始めて、そこから半年以上にわたる禁欲(オナ禁)を続け、食事も野菜や果物を多めにとるなどし、あわせて衣類も入れ替えしました。特に肌に直接触れるインナーはすべて交換しました。まだ使えるとか臭くないとか関係なく、靴下も含めてすべて廃棄&購入しました。(この際から現在まで、ユニクロさんにはお世話になってます)

インナー以外については、不慣れな洋服屋へ足を運び店員さんへも色々と教えを乞いましたが、個人的におしゃれを楽しめない性格と分かったことと、服装にそこまで考える時間を要したくないと結論に至りました。以降はひとまず清潔を優先し、あとは動きやすさと季節に合わせた機能性を重視した服装で、かつほぼ毎日同じもので固定しております。同じ服を何着も保有するということは、各著名人やミニマリストの皆さんのおかげでおかしく思われない時代になったので助かっております。とはいえ、衣類は劣化による微弱な見た目や臭いも生じるため、1~2年に1回は買い替えしております。

このように、この当時を振り返ってみても極端に見た目がひどくはなかったものの、髪型や服装には無頓着であったことは確かでした。肌だって洗顔剤や石鹸を使っているだけで保湿クリームもつけてませんでしたし、髪型については「伸びたら散髪に行けばいいか」「伸びても整髪料で固めればいいや」くらいに思っておりました。まあ、このような考えもまた、見た目に気を払っていない現れだったのでしょう。

 

そして現在では月1回は必ず散髪をしております。しかし、そんな私でもたまに心配になることがあります。それは「髪がそんなに伸びていないのに、床屋(美容院)へ行ってもいいの?」というものです。

つまり、いざ床屋や美容院に行ったときに店員さんから「そんなに伸びてないですが、どこを切ればいいのですか?」と聞かれたらどうしよう、「どのようにカットすればいいのだろう」と困らせたらどうしよう、といった心配をするわけです。そうして「うーん、来週でいいかな・・・」「もう少し伸びてからでいいかも」と先延ばしするわけです。(そしてタイミングを逃して、髪が伸び伸びになることも・・・)

 

もしも、この手の心配をされる方がおりましたら考えすぎと思って良いです。実際、このような心配をして何回か床屋へ向かいましたが、カット中も散髪後も「切るところないと思ってたけれど、意外に伸びてるもんだな」「短かったところも全体的に整っていたな」と実感できます。あんなに気にしていたのに、結果的に散髪して良かったと思えるのです。

店員さんはプロですので、何も「モデルや芸能人でもないのに、短い状態でカットに来るな」なんて思いません。むしろ、「じゃあ、この部分も揃えますか?」とか「全体的に●センチカットしますか」といった提案もしてくれます。そのときになって、見えない部分の1ヶ月分の髪の伸びを知ることもできます。

また、現在は感染予防であまりお客で混雑することはありませんが、言ってはなんですが私よりも短い髪や全体的に髪量が少ない方々だっておりますが、普通に整えてもらっております。きっとその人たちにとっては、お仕事をされている方もそうでなくても定期的に散髪して身なりを整えることは当たり前なのでしょう。習慣なのでしょう。むしろ、それを「髪がまだ伸びていないのに、整えてもらうだけでカットをお願いしていいのか・・・」なんて心配をするのは、私がまだ慣れていないだけです。しかし、それに気づけたのは身なりを整えることが当たり前になりつつあるとも言えます。

 

というわけで、非モテから脱却とまでいかずとも、最低限の身なりを整えたい・清潔な見た目の自分が当たり前でいたいと思うならば、月1回の散髪はお勧めします。躊躇する必要はありません。散髪は伸びた髪をカットするだけでなく、多少いびつになった見た目を整える意味もあります。肉体だって怪我や故障してから病院に行くのでなく、悪くなる雨のケアのために整体に行くこともあります。整えないままボサボサな髪型になる前のいわゆる「予防」と考えれば良いのです。

 

髪がまだ伸びるまで散髪してはいけないという決まりはありません。整えたいと思ったり、あるいは「今日を逃すと時間がとれないかも」という予定から散髪をしても良いのです。自分タイミングで清潔になって、頭と心を軽くしてほしいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

【追伸】

現在は恋愛方面は特になく、オナ禁は上記の半年以上の経過を経てリセットしましたが、そこからは何となく自慰やポルノに対してかつてほどの執着はなくなりました。「まあ、したくなったらする」くらいの程度です。

そんな私が「自慰によって髪質が変わる」という情報に対して¥現在の私の考えを述べますと・・・

「自慰による髪質や肌への影響はある」

「しかし、そこまで劇的な変化はない」

・・・という見解です。

これは反対に言えば「オナ禁によって髪質や肌質が劇的に変わるということもない」とも言えます。これはオナ禁を否定するつもりではなく、そこまでオナ禁を絶対的なものとみなさなくてもいいと考えてください。むしろ、髪質と肌質を改善したいならば、オナ禁を続けるよりも、まずは「睡眠」「休息」「栄養」を適切にした習慣を継続にすることだと思います。・・・余談でした。