アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「捨てるという快楽」に注意【断捨離】

アラフォー童貞のODです。

 

生きていると、知らず知らずに物が溜まっていきます。それら1つ1つを見れば確かに使用目的は定まっておりますが、使用頻度や必要度となるとそのレベルは低いものばかりです。ここで「いつか使う」「あれば使う」などの理由を自分に言い聞かせていれば、どんどん物は溜まっていきます。

 

物が溜まることの弊害を述べるならば、それは「衛生」と「管理」という2つの側面にあります。これらは簡単な話であり、前者は単純に「掃除しにくくなる」というだけの話です。どんなにキレイ好きであっても、毎日のようにカラーボックスを動かしてまでの掃除はしないでしょう。それなのに、何かが入った段ボールが詰まれたままだったり、雑誌や本が床に積み置きっぱなしな部屋にいたとして、いちいち段ボールや本などを別な場所に寄せてまで掃除はしないはずです。時々はするでしょうが大抵はそのままです。つまり、どんどん掃除可能なエリアが狭くなっていき、結果的に不衛生になっていくというわけです。

そして、後者の「管理」という側面もすぐ分かると思います。物が増えると「これっていつ買ったけ?」「まだ使えるかな?」「いらないけれど貰い物だし・・・」「どこに保管しようかな」などと1つ1つの取り扱いを考えなければいかなくなります。つまり、物を管理するということは、物をどうするかという判断を迫られるということです。大抵の場合は実際にどうでも良い物ばかりなのに、そのような物に対して脳を使わなくてはいけなくなります。ただでさえ人間関係などで日常が大変だというのに、無機物に対して四苦八苦するのは馬鹿らしい話ではないでしょうか?

 

というわけで、心身ともに健全な日常を送るための1つの手段として「断捨離」という考え方があるわけです。まあ、今さら珍しい言葉でもないのですが「断捨離」と言うとねじり鉢巻きを頭に縛って、「よし、やるぞ!!」と意気込んで取り組むイメージを抱く人は少なくないと思います。・・・まあ、これは仕方ない話だと思います。それこそ今まで溜め込んできた物を処分すること、手放すということは、それがどんなに優先度が低い物であっても多少なりの執着心は湧いてしまいます。そうして「まだ使える」「いつか使う」と色々な理由が頭に思い浮かぶわけですが、それでも何とかゴミ袋に入れていったり、引き取り相手に引き取ってもらうことを行っていきます。

 

さて、多少の執着心と闘いながらも、私物を手放していくことができるようになったならば問題ありません。断捨離は良いスタートを切れたと思います。徐々に「これはいる」「これはいらない」と作業をしながら自分の中での基準軸ができていくことでしょう。時には「あ、さっきはいらないと思ったけれど、しばらく持っておこう」と思うこともあれば、「いると思ったけど、やっぱりいらない」と見直すこともあります。断捨離というのは、ある種の自己基準の構築作業でもあると思いますし、その時点での自分を知るきっかけでもあるので、多少時間がかかっても、このような行ったり来たりはあっても良いと思います。

 

しかし、断捨離には1つだけ注意があります。それは・・・

 

「一度に捨て過ぎない」

 

・・・ということです。具体的には「一度に捨てるものを全部決めない」ということです。というのも、断捨離を始める前と直後では迷いはありますが、不思議なもので、一度始めてしまうとブースターがかかって、捨てる作業は円滑に進むようになります。しいかし、ここで「捨てるという快楽」が湧き上がることがあります。

 

物を買うとき、何かを手に入れるときというのも快楽が生じますが、物を捨てるときというのも気持ち良さがあるのです。少し汚い例えですが、それは便秘でお腹の中に溜まっている便を一気に排泄したときの爽快感、それによって得られる心身の身軽さに似ています。排便は便という出すものが決まっておりますし生理現象です。しかし、断捨離は処分する物は定まってない事が多く、やろうと思えば手元にある物をすべて処分だってできます。そこで「捨てるという快楽」に心地よさを感じてしまうと、本当に大切な物や現状で必要な物まで処分してしまう可能性があります。

 

断捨離をしようと思ったのには、きっとその人なりの理由があったはずです。決して「捨てるという快楽」を得たいためではないはずです。この点を間違えると、断捨離が終わったと思ってスッキリしたと思った後で、「あれ・・・何であれを捨てたんだろう。あんなに大切にしていたのに」という後悔が湧き上がります。こうなっては遅いです。廃棄業者が持って行ってしまったら取り返しはつきません。もしかしたら同じ物を買えるかもしれませんが、それは形や性能が同じであって、捨ててしまった思い出や経験などがない分、違和感を抱くようになります。

このようにならないためには、一度に捨てるという気概で断捨離をするのではなく、何回かに分けるか、半年に1回処分するなど定期的に断捨離をすることをお勧めします。そうすれば「これはどうしよう・・・まあ、次の断捨離のときまでに考えよう」というゆとりが生まれ、捨てたときの後悔もしにくくなります。

 

物は定期的に処分したほうが良いですが、自分にとって大切なもは見極める必要があります。そのためには、いきなり処分しようと思うのではなく、幾度かの断捨離を通じて自己基準を養いつつ、ゆとりある処分スケジュールで執り行ったほうが良いのです。

 

但し、一気にやったほうが良い断捨離もあります。それは「欲」をコントロールするための断捨離です。分かりやすいのは、禁煙のためにタバコを一気に捨ててしまう、ダイエットのために手元のお菓子を身近な人にあげてしまう、といったところです。ちなみに私は数年前に自慰を控える意味での禁欲に取り組みにあたり、AVや成年漫画などのポルノを全て処分しました。「よくもまあ、こんなに買ったもんだ」と我ながら呆れたこともあり、今でも手元にはありません(まあ、何の自慢にもなりませんが)

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。