アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

消耗品を「使い切る」という習慣をつける

アラフォー童貞のODです。

 

断捨離という言葉は、もはや多くの人が認知していると思われます。

何をもって断捨離かと問われれば、その定義は曖昧ですが、せいぜい「現在の自分の生活スタイルに適した環境にするための大掃除」とでも言えば良いのかもしれません。

そのため、広い意味で考えると、何も不要な物を選別して思いっきり捨てることだけが断捨離とは言えないのかもしれません。

大切なのは物を捨てるという行為ではなく、現在の自分にとっての余計な執着心を手放して自分自身を整えるということであり、見方を変えれば、現在の自分にとって必要なものを新たに導入することもまた断捨離のプロセスとも言えます。

 

とある地方のお坊さんが「自分の持っている物を溜めることも執着心だが、物を持たないようにすることもまた執着心である」とおっしゃってました。

これは何もミニマリストを批判しているわけではなく、「これを手放したくない!」ということも「物も持たずに生活するぞ!」というのも、そこに自分自身の信念がないとただの執着心として同列であると言いたいのだと思います。

 

とは言え、私も半年に1回くらいは断捨離を行っております。

これは物を持ちたくないとかミニマリストに寄ろうとかいう話ではなく、物が増えて掃除しにくくなっていたら物を処分するという程度の話です。

そのため、そろそろ断捨離をしようかと思ったときに、特に掃除をしにくいと感じることがなかったり、1年以上使っていない物がなかったりしたら、特に処分をすることはせずに「今回は断捨離はなし」とするだけのこともあります。

 

そんな中で気づいたことは、ある時期から断捨離をする頻度が少なくなったことです。

本を電子書式に移行したことや洋服は毎日固定しているなど色々とありますが、飲食品や文房具などの消耗品の部類に入るものの廃棄は減ったと感じております。

 

その要因の1つは「物を使い切る」という習慣ができたからだと思います。

 

現代は色々な物が溢れており、かつ安価でどこでも気軽に手に入れることができます。

ボールペンや付箋紙がないと思ったらコンビニでも売ってますし、一口だけでも何か食べたいと思っただけなのに袋買いしてしまうこともあります。

そうしていると、気がつけば手元に物が溢れてしまう結果になります。

職場などでもよくある、いわゆる在庫と呼ばれる状態になってしまうのです。

 

文房具は同じ用途の物で保管場所を逼迫してしまいますし、飲食品においては賞味期限が過ぎたり開封したまま時間が経ったりしたため、うかつに口にしにくい(できない)状態になることもあります。

しかし、このような状態になったのは自分のせいなのに、それを「もったいない」の一言で廃棄してしまうのが現代人です。

そうしてまた、かわいい柄の付箋紙・使い勝手が良さそうなボールペン・持っていない色のマーカーなど、どこの場面で使うか不明な文房具を買ったり、そこまで調理をする頻度が多いわけでないのに特売日だからと食材や嗜好品を買い込んだりするのです。

 

共通して言えることは、購入した直後や購入してしばらくした後で「別に買わなくても良かったな」と思うことです。

これは後悔や反省までいかないし、買った物そのものは気に入っているものの、そもそも手元に持っていた物を改めて確認したときに「そうだった、こいつがいたのだった」と言い知れぬ思いになるのです。

 

しかし、(個人でも職場でも)在庫過剰になった状況を振り返ってみると、「これいいな、買っておこう」と思うものは大抵は既に手元に置いている物が多いものです。

逆に言えば、「これいいな、買っておこう」と思ったら、まだ手元に在庫が十分にあると思うべきであり、そこも踏まえて買うかどうかを判断することが、在庫過剰とともに不要な買物を防止することにもなるのです。

 

かつての私の場合、マーカーや付箋紙などの文房具が溜まりに溜まっておりました。

これらは何となく「いくつあっても困らない」と考えるものであり、1~2年で大きく劣化もしないですし、手つかずのまま保管場所を圧迫していても「必要だから」「いつかは使うだろう」と思っておりました。

また、プライベートにおいては小物入れや充電用のUSBケーブル類、100円ショップで買った掃除用具、ちょっとした調味料などがあり、これらも「ときどき使うから、あっても良い」と思っては、少しでもハイクオリティの製品やデザインが良い商品が出ると頭を使うこともなく買っておりました。

 

しかし、いつものように手元に在庫がある品を買おうとしたところ、何となく「まずは今あるのを使ってから買おう」と思い、そこでの買物を控えた瞬間がありました。

そうして、仕事においてはマーカーが少し薄くなってから、付箋紙は残り枚数が10枚ほどになってから買うようになり、プライベートにおいても小物入れやUSBケーブルは使う分だけ残し、掃除用具は日々の掃除で使い切るまで消費するようになりました。

面白いもので、それまでカタログや店頭に並んでいる物は何となく良いように見えましたが、「まず手元にあるものを使い切ろう」と思ってその場を離れると、あっさりと購入意欲はなくなるようになったのです。

しかも、手元の物がなくなりそうになったときに「前にいいと思ったあの商品を今度は買ってみよう」とも思わないのです。(そして現状と同じ物を買うのが人間の性)

 

このようなサイクルを1年以上続けておりますが、あまり余計な物も増えず、お金もわずかですが消費も抑えられ、結果的に長期的な断捨離となっているのかもしれません。

 

買物は楽しいですし、店頭に並んでいる物は魅力的です。

しかし、手元にまだ使える物があるならば、在庫があるならば、すぐに買わずに「今あるものを使ってからにしよう」と思ってみてはいかがでしょうか。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。